スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

9.19 古峰原線

 2015-09-22
いつもどおり寝坊しながらこの日もおでかけ。

ドライブがてら鹿沼の古峯神社の方まで行ったり来たり撮ったり食べたり。

_DSC1740.jpg

_DSC1747.jpg
ここを行く古いバスはのどかな沿線風景に良く似合います。

_DSC1755.jpg

_DSC1773.jpg
古峰神社の前にあるお店で頂いたとりそば
鹿沼のそばはしっかり味があって美味しいですね。

ここでお土産にお饅頭を購入してから帰り際にもう一枚撮影して帰りました。

_DSC1795.jpg

運転手さん、お店の人曰く、これからの季節紅葉がとても綺麗だそうなので10月~11月にかけてまた乗りに行かなくては。




では~
スポンサーサイト
カテゴリ :関東自動車 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

関東自動車(リーバス) 「古峰原線」 乗車レポ?

 2013-06-25
こないだの日曜日に乗ってきたんで報告でも。

朝早起きで日光線直通の205系に乗ろうと思ったんですが安定の寝坊。
仕方なく11時くらいの電車で宇都宮方面へ。
宇都宮から日光線に乗車。

日光線の205系に初じめての乗車となりました。
しかし車内広告の少なさが素晴らしいですね。ほとんど日光線仕様の広告。
路線図も107系の賑やかなタイプとは違い普通のタイプに変更。駅間開きすぎですw

たった2駅、14分くらいかけて鹿沼に到着。
隣の文挾で交換なんで、20分待って撮影。
やってきたのは
01 205 Y3
205系Y3編成
カッコイイですね☆

こいつを撮って駅の外へ。
バスの時刻表とにらめっこして鹿沼営業所まで行くバスをひたすら待機。
その途中でこんなのがやってきたんで撮影。

02 1044
関東自動車 栃木22 う 1044
リーバスカラーの最後の車だと思われ

このあとは普通のバスで鹿沼営業所へ
JR鹿沼駅→鹿沼営業所 180円也。

営業所に到着し、お目当ての車を探しに許可をいただき車庫の中へ

お目当ての車がいない
いない
いない

まあ見ただけで帰るのもアレなので軽く撮影
その中から1枚

03 RB
日野のRBでございます。

目当てがいないってことはきっと運用に就いてるはずだろうと思い新鹿沼駅へ。
リーバス古峰原線が来るまで数分

遠くから関東自動車カラーの車が見えだんだん近づいて来ました。

よく見ると・・・
a.jpg
6Eキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
嬉しさのあまりガッツポーズw
そして勢いで乗車()

ここから30分以上の長旅でし。
04 miti
関東自動車のバスがこんな道を走り抜けていきます。

途中途中普通の2車線になったりもしますがそれでも道路沿いの川などがとても綺麗なので乗っていて楽しいです。
ただ釣りで来る方々の路駐が以下略

05 1notorii
途中の「一の鳥居」
この鳥居を抜けた後が素晴らしい。
急な坂を登って行くんです(

やがてバスは終点の「古峰ヶ原神社」へ到着。

06.jpg
見るからに山奥ですね。
バス停の前には自販機等もあり、飲み物には困らないでしょう。

08.jpg
待合室も背景の森に似合う佇まい。
この景色に会うのに鹿沼からたったの400円なんです。

07.jpg
おやすみしてた車。

このあとは待ち時間30分の間、ただひたすらバスを撮影し、きた道を帰って行きました。
ちなみにここにいる6Eはおそらく関東自動車最古参。

ってことでここから車両紹介。

09.jpg
栃木22 う ・・・6
P-RM81G(富士重6E)
関東自動車鹿沼営業所所属の車。関東自動車最古参でおそらく最後のP-代で唯一の6E。
とまあ魅力たっぷりの車です。

11.jpg
後ろ側

13.jpg
UDのエンブレム
運転手サンも絶賛してました。

14.jpg
前扉のとこにあるプレート
カッコイイ

10.jpg
車内

12.jpg
冷房車のステッカー

と、気になるものはこの辺で。




そんなわけで
JR鹿沼駅・東武新鹿沼駅どちらからも乗れて、しかも山道をたったの400円で行けるリーバスの古峰原線に乗ってみてはいかがでしょうか。
本数もそこそこありますし、きっとバス好きなら楽しめるはずですよ。

6Eが来るかは分かりませんが他の車でも「山道」は本当に楽しいと思います。



ではでは~
15.jpg
カテゴリ :関東自動車 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。